クレジットカードを使ったショッピング枠現金化には、ご利用される前に確認しなくてはいけないことがいくつかあります。

その中で、最も気になる点でもあり、確認しなくてはいけないことが換金率です。

換金率は、取引業者によって異なり、最終的にお客様に送金される額面が決まってきます。

とても大切なことですので、ショッピング枠現金化をする前は換金率にご注意をお忘れなく行なってください!

換金率は現金化する前に必ずチェックする

クレジットカードのショッピング枠現金化をする前は、いくつか確認しなくてはいけないことがあります。

その中でも、重要視されるのが換金率です。

換金率によってキャッシュバック付き商品の購入額に対していくら振込まれるのか左右されます。

また、取引業者によって換金率は異なるのです。

クレジットカード現金化業者の換金率は、大まかに70%以上から85%くらいまでとなっていることが多いでしょう。

ショッピング枠10万円を現金化した場合、換金率が70%であれば7万円が送金され、85%であれば8万5千円が振込まれるのです。

この場合、取引業者が違うだけで受取れる金額が、1万5千円も変わってきます!

換金率は現金化する前に必ずチェックするということが、どれだけ大切なことなのかお分かりになったことでしょう。

お申込み前は各業者の換金率をチェックする

取引する現金化業者によって、送金される額面が変わってくるのであれば、少しでも高い換金率でショッピング枠現金化をしたいものです。

中には、換金率90%以上のクレジットカード現金化業者もいます。

少しでも多く現金が欲しいのであれば、お申込み前は各業者の換金率をチェックすることが必要です。

各業者の換金率を比較していけば、手元にいくら現金が用意できるのか明確に分かることでしょう。

ただし、換金率を比較する中で注意しなくてはいけないことがあります。

高換金率というだけで、取引業者を選定することです。

確かに、多く現金を手に入れる為には、換金率が高い業者と取引をするしかないのですが、悪徳業者である可能性も高いのです!

各業者によって、換金率の表記の仕方は、異なっていますが、注釈が書かれています。

  • 表記されている換金率は最大値
  • 換金率は変動する場合もある

などの注釈には注意しなければなりません。

ただ、換金率が高いからといって申し込みますと、実際の換金率が低かったりとクレームを入れても、注釈が記載されている為、業者に非はなく注意しなかった当人が悪いのです。

お申込み前は業者の換金率をよく見てチェックしないと痛い目に合います。

ショッピング枠現金化口コミから優良店を厳選比較! | TOPに戻る