クレジットカード会社は、ショッピング枠を使ってキャッシュバックを目的とした利用は禁止しています。

ですから、クレジットカード現金化らしき利用の仕方であるとカード会社が不審に感じ、ばれたりするとそのカードが利用停止措置を講じることがあります。

その為、現金化ばかりするとばれる危険がありますか?と恐れる方が多いのでそのことについて解説いたします。

現金化がばれてカードが利用停止になってしまった

クレジットカード会社は、クレジットカード現金化の利用を規約において禁止しています。

どのクレジットカード会社でも、利用規約に「換金目的でショッピング枠を利用した時には、カードの利用停止または会員資格を停止する」と記載がされています。

このことは、一部のカード会社だけが謳っているのではなく、全てのカード会社が禁止をしている行為であり、現金化がばれてカードが利用停止になってしまったという方は中にはいらっしゃいます。

どのクレジットカード会社の公式ホームをご覧になっていただきましても、換金目的の利用はしないように呼びかけを行なっているいることが多いです。

現金化を高額で何度も利用するとばれることがある

クレジットカード現金化は、クレジットカード会社に利用規約違反とみなされてしまうとは言っても、実際に利用して契約違反となった方はそれほど多くはありません。

クレジットカード現金化はクレジットカード会社からしてみれば、通常のショッピングを行なっているものとしてみなされていることがほとんどです。

だからといって、一度のクレジットカード現金化でカード会社へばれないと言う保証はありません!

頻度の回数で利用したり、高額のショッピング枠で何度も利用するとカード会社にばれる恐れがあります。

カード会社も不審なショッピングに関して、常に監視しています。

換金目的の利用とみなせば問答無用でクレジットカードの利用停止を命じることがあります。

現金化がばれないように優良店を選定する

上記にでもご説明したように、クレジットカード現金化は通知なく強制解約をされていることがあります。

そのことを知らずに、クレジットカードで買い物をしようとしたが、ショッピング枠残高があるにもかかわらず利用できず、その時にカード会社へ連絡して初めて強制退会されたことに気づいたという方も多いです。

このような悲惨な状況にならない為には、クレジットカード現金化がばれないように優良店を選定することが重要になってきます。

クレジットカード現金化優良店との取引をすることによって、最悪な事態にならないことにも繋がります。

そして、ご利用の際はご計画をしっかり立てていただき、あまりにもカード会社が不審を察知するような利用は避けることです。

クレジットカード現金化口コミから優良店を厳選比較! | TOPに戻る